注射によるフィラリア予防について

2002年8月3日現在、注射によるフィラリア予防は中止してお
ります。今後の予定は未定です。ご了承ください。

以下の内容は、以前UPしたものです。

***************************************

1回の注射で6ヶ月間フィラリアの予防ができるようになりました。

毎月飲ませるのが大変な方や、飲ませ忘れたり、重複して飲ませた経験がある方は、この機
会に注射の方法も考えてみてはいかがでしょうか?

注射によるフィラリア予防のメリット

@ 6ヶ月間確実に予防ができる。
A 錠剤の投与が難しい犬でも注射なので確実に投与できる。
B 通年注射(年2回の注射)で予防することにより、翌年から血液検査が必要なくなる。(初回
  は検査必要です。)
C 通年予防(年2回の注射)の方は、2回目以降割引料金で注射ができます。

注射によるフィラリア予防のデメリット

@ 注射はフィラリアのみの予防薬ですので、お腹の虫下し効果はありません。
A 通年投与以外の方は、毎年注射の前に血液検査(抗原検査)が必要です。(検査料2500
  円)
B 子犬や体重変動が激しい犬には投与ができません。

料金は犬の体重によって違います。
例)体重10kgの犬の場合
一回目 検査料2500円+注射料金9600円+消費税605円=12705円
二回目(通年投与の場合)注射料金6400円+消費税320円=6720円
三回目(翌年)     注射料金6400円+消費税320円=6720円 となります。


体重(kg) 注射での価格
最初の6か月分
2回目以降
但し通年予防の場合
1.8〜3.75 \6000 \4000
  〜7.5 \7800 \5200
  〜15.0 \9600 \6400
  〜18.75 \12600 \8400
  〜22.5 \13800 \9200
  〜30.0 \15000 \10000
  〜33.75 \18000 \12000
  〜37.5 \21000 \14000
  〜45.0 \21000 \16000
  〜60.0 \21000 \16000
  〜63.75 \21000 \18000
  〜67.5 \21000 \20000
  〜75.0 \39000 \26000
  〜90.0 \45000 \30000


<追加注意事項>(6月2日現在)

先日発売元より副作用の報告例が届きました。
当院で検討した結果、下記の犬種の方は注射での予防はできませんのでご了承ください。

柴犬、柴犬系雑種、ゴールデン・レトリバー、ラブラドール・レトリバー、M・ダックスフント
ワクチンでアレルギー反応がでたことがある犬
高齢犬(7歳以上)
モキシデックの錠剤を飲んで副作用が出たことがある犬

投薬が可能な犬は、できるだけ今までのお薬での予防をお願いいたします。


ご質問はスタッフへお気軽にお尋ねください。
                  くぼ動物病院
0476−26−8184


トップへ
トップへ
戻る
戻る